読書日記(書評や読書メモなど)

読んだ本の記録です。書評やそれに類する読書メモなど。ジャンルは結構偏っています。

サンデー毎日、AERA

仕事柄必要なので、IT介護に関する記事を読みました。

 

介護業界が人手不足に悩んでいることをご存知の方は多いと思います。

この分野への外国人労働者受け入れの話も出ていますが、効果が出るかわかりません。

 

そのような状況下、現場で奮闘する介護職の皆さんを助ける技術や仕組み、さらには在宅介護の助けとなるアプリなどが開発されています。

 

以下にいくつかをピックアップします。

 

  • 遠隔操作可能な車椅子

 電動車いすにカメラをつけ、その映像を見ながら遠隔操作が可能に。さらにはカメラの映像認識技術を利用して、複数の車いすが連なって自動で走行する連携操作も可能に。(高速道路の自動運転とイメージが似てるかも)

この技術があれば、車椅子1台に1人の職員がつく必要はなくなる。

 

  • 半自動運転機能を搭載した車椅子

 音声認識技術と半自動運転機能を搭載し、「トイレ」や「食堂」などと行き先を告げればそこまで自動運転で行けるもの。これは車椅子に乗る側の心理的負担を下げるはず(いちいち人の頼むのが申し訳ない気持ち)。限定された行き先であれば、技術的なハードルは低いのではないか。

 

  • ベッドにいるかみていてくれるシステム

 ベッドの上にカメラをつけ、利用者ないし要介護者がベッドに寝ているか見ていてくれるシステム。一定時間ベッドを離れるとアラートしてくれる機能があり。

 これがあると、誤ってベッドから転落してそのまま一晩経過という事故が減らせるのではないか。プライバシーに配慮して、人はシルエットで表示することができる。

 

  • 排尿予測システム

 胎児の様子をエコーで見ることができる技術を応用したもの。これでおむつ交換やトイレを促す際の無駄が減らせる。

 

  • AIBOやPALROといった、コミュニケーションロボット

 利用者と会話ができる。認知症を患い、なおかつ自覚症状があると、周囲の人に対し「何度も同じ話をして申し訳ない」という気持ちが生じるケースがあるが、ロボットが相手ならそのような遠慮は不要。簡単なやりとりはできるので、1日黙って過ごすよりは、ロボット相手でも話したほうが良いのではないか。

 

など。

AIスピーカーの技術を応用すると、コミュニケーション面で大きなイノベーションが期待できるのではないだろうか。

 

私の考えでは完全無人化は難しいにしても、省力化はかなり期待できるのではないだろうか。この分野はパイが大きいから参入する研究機関も増えるのでは?

まだ、商品化されていないモノも含まれますが、これらの技術者仕組みが普及すると、いくらかは人手不足の助けになりそうです。

 

https://amzn.to/2RJ0IoU

フライト・ゲーム(松葉健司 著)

著者は三重の久居農林高校や松坂高校を甲子園に導いた指導者です。

本書は物語の形で著者から若者(に限らず大人も)へのメッセージを伝えています。

 

特に覚えておきたい、というよりは心がけたい点を3つ挙げます。

●二重否定の禁止
→「~しないと、~になっちゃうよ」などの表現。そうではなく、「~すると、~になるよ」と好ましい結果で表現するようしよう。確か脳科学の本にも否定形の表現は良くないと言うことが書いてあった気が。

 

●一日5分でも続ける「習慣」
→たったの5分でいいから毎日続ける。それがいつの間にか生活の一部となり、特に努力せずともできる「習慣」になっていく。(もちろん良い習慣を身に付けよということ)

 

●「ありがとう」の反対は「当たり前」
→仕事があるのはありがたいこと。蛇口をひねれば水が出てくるのはありがたいこと。スイッチ一つで灯りが点くのはありがたいこと。身の回りのありがたいことは当たり前のことではないと、心に刻もう。

 

 

 

 

ランニングの科学(鈴木清和 著)

著者は駒澤大学陸上競技をしていましたが、現役時代は故障(ランニング障害)に苦しんだようです。

その経験をいかして、今はランニングコーチ兼トレーナーとして活躍されています。

 

さて、来るべき浜松ハーフマラソンに向けて参考になることがたくさん書かれていました。ここではいくつかの特に重要だと感じたポイントを記します。

 

●ランニングフォームの正解は?

最適なランニングフォームは体型によって変わる

理想のランニングフォームを手に入れるためには、自分の体型に合った走り方にする必要があります。なぜなら、体型によって、合理的な体の動かし方が変わってくるからです。
ポイントは、上半身と下半身のバランスです。具体的には、比較的体幹が長いランナー、比較的脚が長いランナー、体幹と脚がだいたい同じ長さのランナーという3タイプに分けられます。

 

ということを、この本を読むまで知りませんでした。1軸が良いとか2軸が良いとか、人によって言うことが違ったのはおそらく、体型の違いが原因でしょう。

ちなみに私は「ピストン走法」という型が合っているようで、これは、腰のあたりで体を前後に貫く水平の軸を意識して、脚を上下に動かす回転運動を起こして走ると良いようです。

脚を上げる時は骨盤から引き上げることを意識し、それと連動し、上げる側の肩を下げるとわき腹の距離が短くなり、それによって広背筋が力を発揮しやすくなります。

特徴は平地が得意で坂が苦手、一定のスピードで走るペース走が得意と言った点です。

 

●長い距離を速く走り続けるためには?

VO₂Max(最大酸素摂取量)が高いと速いペースで走り続けられる

酸素を取り入れる能力が高い人ほど、速いペースで長く走り続けられるのです。

そして、最大酸素摂取量を大きくするにはインターバルトレーニングが有効です。

 

●インターバル走

インターバル走は、速いペースのランニングを急速(レスト)のジョギングをはさみながら繰り返すトレーニングです。

(中略)

走る距離によって、ショートインターバル(100m)、ミドルインターバル(500m)、ロングインターバル(1000m)といった種類に分けることができます。

走る距離の合計は、目標レースの4分の1くらいがちょうどよいでしょう。

最後はペースを維持できなくなるくらいの強度で行うのが良いようです。

私はハーフマラソンや10kmのレースなので、ショートとミドルでよいでしょうか。

 

●エネルギーに変わる早さを考えて食事をとる

レース中にエネルギー切れを起こさないためには、エネルギーに変わる早さを踏まえて食事をとると良い。基本はレース前に糖質と果糖を含んだものを時間差で食べておき、レース中のエネルギー切れ対策食品を用意しておくこと。

ハーフマラソンは2時間程度で終わるので、レース中の食事はあまり考えずとも良さそうです。

したがって、レース前の食事が重要になります。

浜松マラソン2019のハーフの部は9:00スタートなので、7:30頃に浜松駅につき、その付近でおにぎりやサンドイッチなどの高炭水化物を補給し、スタート5分前に果糖が多く含まれるフルーツジュースを補給しておけば良さそうです。

胃の中に食物が残っていることで、摂取した水分の吸収が時間をかけて行われるので、完全空腹状態は避けた方が良さそうです。

 

この他にも参考になることが書かれていました。レースが近くなってきたら再度読み返そうと思います。

 

 

スタンフォード式疲れない体(山田知生 著)

著者はスタンフォード大学の体育会でスポーツ医局のディレクターをしつつ、アスレティックトレーナーを務めています。(執筆時点では女子水泳部を担当)

 

多くの知見が書かれていますが、当然すべてを覚えることはできないので気になった点を抜き出しました。

 

疲労とは、体だけではなく、脳からも生じる現象」と、私はかねてから考えています。

もうしこし正確にいえば、疲労とは、「筋肉と神経の使い過ぎや不具合によって体の機能に障害が発生している」状態のこと。つまり、筋肉だけでなく「神経のコンディションの悪さ」が疲れを引き起こすというのが、最新のスポーツ医学の見解です。(p40)

この見解を受けて、試合で最高のパフォーマンスを引き出すために推奨されるのが次の3つです。

1、中枢神経をと整え(良い姿勢を保つ)、疲れを予防する。

2、筋肉を鍛えて、パフォーマンス(のポテンシャル)を上げる

3、リカバリーメソッドを実践して、体と脳の疲れをとる。

心がけ次第ですぐにできるのが、良い姿勢を保つことと、良い睡眠をとることです。(と言いつつ、このエントリーを書いているのはAM0:50。ダメじゃん)

 

そして、本書でもう一つ大事なことを”IAP”(腹圧呼吸)。腹式呼吸ではありません。腹圧をかけたまま呼吸するメソッドです。

やり方はネットを検索すれば出てくるので、気になる方は調べてみてください。

簡単に言うと、お腹を膨らませたまま(腹圧を保ったまま)、5セット程度の呼吸をするというものです。1分程度でできそうです。

 

あとは類書でも言われていましたが、座りっぱなしは良くありません。日本人は世界一座っている時間が長いそうで、平均7時間だそうです。(いったいどんな母集団なんだ?外回りの営業は含まれないということか?)

30分に一度は立つようにしましょう。

 

ほかにも参考になることが書かれていますが、個人的にはすでに類書で目にしたことが多かったので、このエントリーでは省略します。(「知っている」と「できている」の間には大きな谷が横たわっていることを思い出しました)

 

 

運は創るもの (似鳥昭雄 著)

ニトリホールディングス社長の似鳥氏による一冊。

もともとは日経新聞の「私の履歴書」で連載されていたものに加筆したもの。

一代でニトリを今の規模にまで成長させた軌跡が書かれています。

似鳥氏は幼いころは家庭環境など、かなりの苦労がありました。また、ニトリ創業後もあまり深く分析せずに突っ走る部分があるので何度も失敗をしていますが、フロンティア精神が日本で唯一ともいえる家具・家財分野のSPAを確立した要因ではないかと感じました。

著者は飲みの席やゴルフも好きなようですが、「自分がよければそれで良い」というタイプではなく、家族や従業員のことも考えるタイプのようです。

 

「はじめに」に大事なことが書かれています。

「成功の秘訣は何ですか」とよく聞かれるが、ロマンとビジョンを掲げ、「他社より5年先をゆく」経営を進めてきた結果だと自負している(p1)

理念や目標がしっかりと定まっていると、仕事を進める上での軸ができます。

 

賢くないので、あれこれとリスクは考えずに突っ走ることができた。(p3)

自分が賢いと言う気はありませんが、どうしても先を考えてしまうので、著者のように思い切って突っ走ることができません。これはタイプの違いで優劣が付くものではなく、役割が違うと理解しています。

 

ここまでニトリを成長させることができたのは80%が運だと思っている。だがそれは偶然の産物ではない。「運は、それまでの人間付き合い、失敗や挫折、リスクが大きい事業への挑戦など、深くて、長く、厳しい経験から醸成される」というものでもある。(p4)

運を呼び込む方法、マインド、行動はあると思います。

 

そしてその他に「そうだよなぁ」と思ったのが、著者の父親の言葉。

父はあまり成績のことを言わなかった。「おまえは頭の悪い人間が結婚して生まれた子だ。だから勉強ができないのは当たり前だ」というのが理由だ。もっとも後がある。「だから人より努力するか、人のやらないことをやるかだ」(p33)

 いわゆる「頭の良さ」は、あったほうが良いものですが、人生を良く過ごすために必須のものではない、と、最近思います。

ニトリも一時期外様役員に実権を握られそうになった時もあったようですが、似鳥氏よりも”優秀”な人材を雇用することで会社を大きく成長させていったようです。

やはり、私利私欲・自分一人の力だけでは成長に限界があり、世のため、関係者のためになることは目に見えない力を得られるようです。

 

それにしても市原市の八幡店が本州進出2店目だったことを知り、少し驚きました。そして本書にも書かれていましたが、店があった前の道路(平成通り)が、いつまでたっても16号までつながりません。(きっと地主がらみの問題でしょう)

 

 

 

RUNNINGstyle 2016年10月号  特集:ランナーの新常識

最近は『TARZAN』もほとんど読んでいなかったので、最新のトレーニング理論を追いきれていなかったので、浜松マラソンにエントリーしたことを機に、”新常識”をおさえておくことにしました。

 

01 「距離を踏めば走力がつく」は迷信

⇒高強度・短時間のトレーニングを週に3回行い、時間が空いたら距離を走るトレーニングを行うべし。具体的には、「30秒のダッシュ→4分の休憩」を4~7セット程度行う。

 

02 夏の“坂トレ”10分は10kmぶんのトレと同じ負荷!?

⇒上り坂では脚を上げる筋力が鍛えられ、下り坂では脚の回転数が自然と高まり良い刺激になる。

 

03 一カ月休んでも走力は取り戻せる

⇒最大酸素摂取量はトレーニング再開から約4週間で改善され、さらに8~12週間の継続でほぼ元の状態に戻る。つまり、疲労が蓄積された状態でトレーニングをするよりも、完全休養をしたほうが良い

 

04 持久力は1日1回たったの4分で身につく!

⇒タバタトレーニング(昔はバーピーテストと呼んでいた)を活用せよ

 

07 体は柔らかければいいわけではない

⇒大きな骨を支える中殿筋や大腰筋はある程度の硬さがないと、骨を安定して支えることができなくなってしまう。

 

08 2軸で走れば疲れない

⇒長らく良しとされてきた1軸走法(体の中心に軸があるイメージ)では体幹のねじれが多く、無駄が発生。それに対して2軸(両肩と両足のつけ根に軸があるイメージ)は、体の安定性をつかさどる2本の動作軸を固定した状態で走ることで、体幹部分が自然に正面を向いた状態となる。結果、パワーロスを防げる。

 

09 ラム肉こそがランナーがとりたいスーパーフードだ!

⇒ラム肉には体脂肪をエネルギーに変換するLカルニチンが豊富であることに加え、リカバリーに必要な鉄と亜鉛が豊富に含まれている。

 

11 カーボローディングは不要だ

⇒不要とは言っても、前日の炭水化物を1.5倍程度にするくらいは効果あり。あとはレース当日の朝は消化のよい白米やうどんを食べておけばOK。

 

18 夜ランは最強の健康法だった

⇒簡単に言えば、朝は体が起きていない。夜は体が覚醒している。

 

今年の4月に焼津みなとマラソンでハーフに出る前のトレーニングで坂道ダッシュを行ったけど、それは最大筋力を上げることを目的にやっていたけど、知らず知らずのうちにVO2MAXを上げる効果があったのか!

そしてカーボローディングはもともと前日にやるものだと思っていたので、正しくできていた(大学の時も試合前日は植田のAIUEOで大盛パスタを食べていた)。

 

 (画像は最新号)

死ぬこと以外かすり傷

幻冬舎の編集者、箕輪厚介氏の著作。氏は『多動力』(堀江貴文)や『人生の勝算』(前田裕二)、『お金2.0』(佐藤航陽)などを編集。今、日本で一番勢いのある編集者ではないでしょうか。

ルールが変わる。無知こそ武器だ。考える前に飛べ!(表2)

 

と言いながら、

やはり知っているということは、それだけで偉大なのだ。(p57)

と言う。

一見矛盾するようだが、「知識などをインプットすることも大事であるが、過去の事例や常識にとらわれずに、自分の頭で考えてまずは行動せよ」ということを言っているのだと解釈した。

幻冬舎社長の見城氏も熱い男だが、箕輪氏も熱い。そして行動する。(漫画版『多動力』の主人公は箕輪氏がモデルとのこと)

 

残念ながら、今の自分では本書から得られるものが少ない。

本書を読んであらためて思ったのは、会社という”組織”にいるからこそ、人とネットワーク、会社の予算が使えるという点。確かに予算を組む時10万円、100万円の話をするけど、個人でそんな単位のカネを使うことはめったにないからなぁ。

その他、本書は気分が落ちた時の栄養剤的な効果が期待できる。

時間をおいて読み直すと、また得るものがあるかも。

 

しかし、なぜ本書は幻冬舎ではなく、マガジンハウスから出版されたのか?